浜松 スペース ハンター クラブ
天文同好会 浜松スペースハンタークラブの旗   夜空の星々に親しみ学びゆくとともに、
  彗星発見・新星発見・掩蔽観測、流星観測等に特に
 関心がある。
  遠州地方の天文に関する歴史(古記録)・
 民俗等の発掘・調査等を楽しむ天文愛好家の集まり…



掲示板はありません。
会員募集はしていません。

←浜松スペース ハンター クラブ)の旗。
 浜松スペースハンタークラブとは・・・
(知っている人は知っているが、知らない人は全然知らない…。地元でもほとんど知られていない、
小さな会。)

夜空の星々に親しみ学びゆくとともに、会員(個人)の活動を尊重している。
彗星発見・新星発見・地球に接近する小惑星の観測・掩蔽観測、
流星観測(望遠鏡流星・電波・分光・同時流星)・天体観測・天体写真・流星記録・
日本の「天文学」に少しでも発展・貢献・協力出来ることを目的としている。(微力ながら心意気だけは大きい。)
天上の星を見るばかりでなく、遠州地方の天文に関する、歴史・方言・天文古記録収集・
検証等の調査・研究等を楽しむ天文愛好家の集まり。
定例会は年4回、日常はメーリングリストなどで交流している。
会を大きくする事を目的にしていませんので、創立時より、特に会員募集はしていません。
我々の会は、星が好きで好きで仕方のない人間の集まり。
そして、何よりも大切にしているもの、それは星を愛する心。


HSHC会員 今村・請井小沢・小和田M・小和田E・掛井・金子・齋藤・篠原・杉浦・高林・田代・寺迫・
                 中村・西村・平松・村井・八木・和久田S・和久田M (20名・平成26年07月現在)
                   --------------------------------------------------------------
                    会友 大塚(東京)・奥村(長野)・信清(山梨)・渡辺(沼津)


浜松スペースハンタークラブ規約 2014.01.24
☆入会について
 特に募集はしない。希望があった場合(例会に出席できる浜松近辺在住の方に限る)
 以下のような手続きで入会してもらう。
 @希望の申し出(HSHC会員に申し込む)A例会へのゲスト参加B入会の申し出
 
C例会での承認D会費納入
 (直前に徴収した金額)E入会
☆退会について 
@本人の申し出があった場合
A会費の納入がなされなかった場合(継続の意思が無いものとみなされる)

☆会費について
 年額5千円を目安に必要時に徴収する。 

 会費は以下の目的に使う
@例会の会場費用(一回につき600円)及び記念行事費用(お茶・お茶菓子等)
Aメーリングリスト維持費(月額1000円)
Bホームページ維持費(月額1500円)

C会誌「ほし」製作費および会員への送料

D通信費(関係者、関係団体等への会誌贈呈など)

E弔時費(対象は会員本人のみとし、「HSHC会員一同」として3000円)
Fその他必要な場合は会員にはかる

☆会員の特典
@会誌「ほし」の受領

Aメーリングリストへの参加

B例会への参加(年4回 日曜日・3時間)
Cホームページへの投稿(掲載については管理者の判断による)

☆会としての活動
@例会の開催(年四回)

Aメーリングリストによる情報交換
Bホームページによる活動紹介 

C会誌「ほし」の発行(年四回を基本とするが原稿の不足、資金の不足等あれば回
数を減らす)
Dその他の活動(啓蒙活動、資料の出版等)についてはその都度会員にはかる

附則 規約の改定については例会及びメーリングリストを通じて全会員にはかり、
意見を集約して定例会にて最終決定する。

HSHC・HP掲載 2014.07.15更新

 
宇宙のエメラルド・蒼き地球を永遠に ・ 星空への情熱よ、いつまでも…!
メニュー(TOP)へ戻る。
掲示板はありません    
 浜松 スペース ハンター クラブ

夜空の星々に親しみ学びゆくとともに、遠州地方の天文に関する歴史(古記録)・
  民俗等の発掘・調査等を楽しむ天文愛好家の集まり…

 
*HSHCは、地域的な小さな天文同好会なので会員募集・普及活動はしていません(現状維持)。

当ホームページ内の文章・画像の引用・リンク・転載は厳禁。 文章の文責・及び著作権は著者・撮影者に帰属。
Copyright (C) 2004-2015  浜松 スペース ハンター クラブ. All Rights Reserved.